初春の日の出とともに魂初めろ

日の出を待って目の前の神社に初詣。
元旦は終日列をなしていたが、さすがに明け方は静か。
気持ちが引き締まる。

さっそく書き初めをしました。

「寅」
虎は飢えても死したる肉を食わず。

そして今年の想い。

響き合う縁を、
そして情熱の舞台で共演(響縁)を。

大晦日に半日、正月に半日休んだ。
もうそれだけで十分、やっぱりせせこましくとも
動き回っているのが性にあっている。

なにもしないってことがどうも苦手。

炬燵に入ってみかん食べてテレビを観る
正月など退屈でしょうがない。

頭も感性も身体も精神も激しく動いているのがいい。

正月気分は昨日の午後まで。

今年も動きまっせ。
書きまっせ。

まずはジムでトレーニングじゃ。

       

       「モヒ猿」から皆さんに年賀状です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。