友よ、今日もあの頃のように燃えているか

昨夜は食事がてら思い出横丁に出没。

通称のしょんべん横丁のほうがしっくりくる。

細く入り組んだ猥雑な横丁、いろんな匂い、臭い。
なんだか思い出す。

カウンターに座る。
目の前に焼酎の一升瓶が並ぶ。

既視感。

かつて東京の中野でこんな店をやっていた。

過去に未練はないので何年前だったか忘れた。
創作書家は、すでにやっていた。
くいぶちのためにやっていたわけじゃない。
(実際労働対価で考えればマイナスだっただろう)

親友とふたりでときどきアルバイトの女の子を使って
毎日が祭りのように楽しかった。
そんなパーティーはわずか9ヶ月で終わった。
儲からなかったからね。
それでも俺たちらしい、濃くて熱い人たちと出会った。
思い切り個性を発揮した店になった。

そして俺は創作書家一本の道に戻り
友人は新しい道で家族をもうけた。

環境は変化した。
でも変わらないものが今につながっている。

心の中の思い出横丁。
思い出すのは今とつながっていることばかり。

   ご無沙汰してすみません。
   「モヒ猿」が帰ってきました。
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。