口笛を吹きながら。

気のおけない仲間と酌み交わす杯はアルコール度数以上の酔いを
与えてくれる。佳食も銘酒も僕の場合やはり、まず人あって美味しく
させるものとなる。
本も美しい景色も映画も大好きだが、たいがいのことは人から
教わってきた。これからもたくさんの人から学んでゆくことだろう。
そして少しでも誰かに教えることができるだろうか。
いや、教えるほどの荷物はきっとない。己のできることを精一杯やって
それを感じてもらえることができればそれで幸せだ。

▲渋谷の裏通り、「鳥重」に行ってみたけどやはり満席で入れなかった。

ハンチング兄弟、日本酒とGuinnessをしこたま飲みご機嫌
(ダーツは完敗でしたが)。

夜明け間近、少し寒かったけど歩いて帰った。
夜を飲み込んだ静寂に口笛を響かせて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。