吉祥寺ハバカーる

吉祥寺中道通り、中央線のビートを醸し出すアジアンカレー屋「ハバカーる」。

俺の中にスパイスカレー作りの火をつけた西永福「スペキエ」を紹介してくれた男のおすすめ、
出てくる前から興奮抑えきれないね。

中野、阿佐ヶ谷、高円寺、吉祥寺、昔の国分寺〜立川、福生、
子供ころから現在まで、この流れの中にいる。アジア感や混沌と際立つ個性の匂いが好き。
ハバカーるもそういう匂い。
ガチャっとして落ち着かないようで妙に落ち着く。

野菜とチキンのカレー。

やはりすごい個性だ。
ココナッツミルクが心地いいバランスで広がりを作り
どこにもない世界を生みだしている。
所謂スパイスカレーのインド系ではなく、ナンプラーやシーユーダムのような酸味と甘味があるスパイス。
 
テーブルの図柄、そして店内を徘徊する可愛い柴ちゃん。

やはり中央線のこの感じ、
サイコーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)