君は祈りを無邪気に体現する小さくてでかい光

まぁ友人夫婦にとっては迷惑な話かも知れないが
親友トットは俺にしてみれば家族なのだ。

引越をしたので新居に遊びにゆき、
近所の沖縄料理屋でなぜは沖縄料理以外のものを頼み、

久しぶりにトットと再会。

まだ小さなこの身体にはとてつもない可能性の芽がある。

いいパンチをくりだしやがる。

そうやって苦難をぶっ飛ばしてゆけ。

大人は希望の芽を伸ばさないといけない。
一緒になって時には同じ目の高さで。

みんな繋がっている。

過去も未来も西も東も。

いつも素敵な写真を撮ってくれる、トットのパパとママ、サンクス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。