吠えろ、立ち上がれ、己の旗を掲げろ

今朝の毎日新聞の記事、びっくりしたね。
企業意識調査で採用見送りの企業が45.9%だと。
昨年から15%以上もあがっている。
中小企業に至っては53.5%。
非正規社員は58.6%(前年約20%増)。
未曾有の不景気、生活難民の安息の地はどこに。
働くっていうことの意義がどんどん歪んでくる。
夢を見ることさえ罪になる時期がくるのではないか。

なんて思っていたら米大手証券メリルリンチの幹部が
33億円の報酬を得てただと!?
たんたる格差。おいっ…公的資金受けてんだろ。
この資金の出所は今更言うまでもないが。

そして国民の最大幸福論と打ち出されてしまった定額給付金。
住民票の登録住所に引換券が送られる訳か。
ホームレスやネット難民、受刑者はどうするんだ?
この還付手続き、山村の高齢者にはちと難儀では。
DVで家から逃げている人はどうする。本当に困っている人や
闇の中の景色を考えて通されたことだろうか。

声に出してみなけりゃ始まらない。
表現者として俺ができるのは発することだ。

引き叫び集団「カラス」のライブが来週の土曜と迫ってきた。
「カラス」の曲にはそんな叫びが詰まっている。

歌い手として舞台に立つのは何年ぶりだろうか。
書であれ、ミュージシャンであれお気楽なことはない。
怒り、喜び、叫び、笑う。

闘っていこう。

「確固不抜」の魂だ。

WBCの東京ラウンドが今日から始まる。

侍の気概を、勇気を。
日本人のあきらめないという勤勉さと和の心を
ぜひとも低年俸の我らにも届けてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。