喝を入れ、昨日を克服して己に勝つ


ベッドから見上げる場所にある作品。

ほとんど意識はしないけど一日の最後
一日の始まりに目に入るもの。

五年くらい前に書いたもの。
この頃は黒い紙に白で書いたり、竹を削って筆にしたり
枯れ葉で書いたり、和紙を黒く塗り潰して字を
浮き上がらせたりと実験的なことをしていた時期だった。

今は一文字入魂。

これからもいろいろなスタイルを冒険してゆく。

こだわりは、ない。

感性にくればすべてOK。

そこで真剣勝負することに生きがいを覚えます。

今朝も夜明け前から一勝負。

ひとりで紙に向かうだけだから、
前歯の欠損はありません。

今日はツキイチ、ジムに長滞在の日。
午前中にトレーニングを終えて、
これからキャフェテリアで茶しばきながら
作品の推敲&読書に勤しみます。

チルアウトです。

焼き肉と ビールが恋し 昼下がり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。