器量という額に描かれる表現を探して

通販会社のオフィスに飾られる三連作の作品を納入。
終了時刻19:30、社長、スタッフみんなで
タクシーに乗って下北沢にGO。

喧噪を離れ、夜が静かに流れる店「TORI DINING 軍鶏 らく」へ。

清潔なカウンター、丁寧な仕事ぶり。
絶品白レバー。

おもいっきり堪能しました。

左からリッキー、夏目アナ、ご主人の倉林さん。
紹介でつながる美味探求の地図。

そして下北沢に来たのだから、もう一件。
(どの街でもそういってる)

少年院ロックシンガー和気さんプロデュースの精進ダイニング
「TIBET TIBET」へ。ベリーダンサーの友人も合流して
さらに夜に浮かぶ光を感じる。

内装、器、食材、もてなし、申し分ないこだわり。
大好物秋刀魚で何かを
とお願いするだけ、想像をはるかに超える作品が提供される。
シモキタで美味しくて安全で健康な食ならばここが一番と思う。

気がつけば26時過ぎ。
シンデレラボーイ、門限やぶりのフライデーナイト。

昨日2時間くらいしか寝てないってのに。

やはり食とは心を満たすためにある時間なんだよね。

     海へ、海へ。「モヒ猿」を連れて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。