夜の鼓動、風の中に言葉を見つけた刹那

1996年10月に「ときには空」でメジャーデビュー。
2枚のアルバムと8枚のシングルを発表して
2000年夏に解散したapple&pearsが一夜限りで
ステージに帰ってきた。

日本のメジャーシーンの中でも希有で上質なポップバンドは
この夜だって色褪せることなく、今を響かせていた。

20年近く、彼らとは東京ドーム三個分のビールとコーラを
飲んできた。過去に対峙できるものこそ今に生きられる。

恋愛でも仕事でも未練を残すから、過去に向き合えず封印
しようとしてしまう。だから今さえも進めなくなる。

懐古を粉砕するエネルギーとクオリティーが嬉しかった。
一生懸命刻んできた、それぞれの今までが音の塊となって
現れたことが素晴らしい。

この夜は三塁側のバットケース一杯分のビールとコーラか。
しかし解散は午前7時半、まったくらしいぜ。

“夜の鼓動、風の中に言葉を見つけた刹那” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    THANX NOT DEAD!楽しい夜だったぜ!
    でも朝7時半まで呑むとはねぇ…俺たちアホやね(笑) Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    真冬の夜の天使は走り出したら止まらないでしょ。
    アホを置き去りにせず、まるががえで月に浮かべ! Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。