夜を越えたい

久々に猥雑な夜へダイブ。
知人のクラブイベントに遊びに行ってきた。
なんていってもこの日のDJはisovicious。
音楽のディープさ、知識量は彼の足下にも及びませんが
同じ世界の住人ゆえ、身体がリズムを刻むのを禁じ得ない
グレイトな選曲ばかり。Franz Ferdinandから初期のARBと
時空間をも飛び越えてLet’s roll。

そこにまた英国ロックの伝道師WET PAINTのライブ。

出番直前、咆哮を耐えるギター。

打ち上げはどんどんと空になってゆくジョッキ。

ふらつく頭で歌舞伎町、バッティングセンターでなぜか打ちまくり。

興奮と鼓動(ビート)に支配されて夜を越えた俺たち。

明けゆく空をみながらそれぞれ静かに家路につく。

・・・いや、歌舞伎町は明け方でも騒々しかった。

まったく、気がふれちゃう街だぜ。

“夜を越えたい” への4件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    この前はどうも。久々の楽しい宴でした。あの後バッティングセンターとはタフだね!俺はWIREに戻ったんだけど、DJが1人欠席して4時に終わったらしく誰もいなかった(笑)主宰者Sさんに電話したら既に帰宅してたよ・・・。 Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    四時に終わられても・・・(苦笑)。ジムで鍛えている効果もなく夜明けのバッティングと腕相撲で筋肉痛です。また最高ロケンローなDJをヨロシク。 Like

  3. SECRET: 0
    PASS:
    昨夜はサンキュー!
    帰りの井の頭線で随分と乗り過ごしてしまったよ。
    まだまだ修行が足りないね。
    俺も腹筋100回出来るようにがんばるよ。(笑) Like

  4. SECRET: 0
    PASS:
    ふた駅を耐えられないとはまだまだだね。今度はダーツで勝負だな。筋肉痛にならんようにストレッチをしてからね(笑)。 Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。