嬉しい理由

かれこれ二年以上、毎月替わるメニューを書いている
店がある。池尻大橋にある「おわん」というお店。

流行系の創作和食などではなく、本格的和食。
BGMは店内に流れ落ちる水の音。
季節の花が大量に活けられている。
大人が本当に落ち着ける空間。

現在書店に並んでいる「グルメキャリー」という
飲食の求人誌の巻頭特集でそこのオーナーシェフの
インタビューが見開きで載っている。

そのインタビューの中で少し俺のことにも触れており、
氏曰く「メニューも作品の一部」と思っていてくれている。
店内のメニューはすべて一枚一枚手書きで
店頭にはメニューを置かない。作品を野ざらしにすること
のないようにとの配慮かららしい。

ここのオーナーとの出会いも偶然と必然の織り成し。
まだ表参道の路上で書いていたころ偶然通りかかった
らしく個人的に一筆書いた。それから何年かして
ARBの初代ギタリストの一郎さんがこの「おわん」で
食事していたとき自分の話になり「その人、何年か前に
表参道で書いてもらった」とのオーナーの言葉から
話が盛り上がり、俺も合流、その後毎月メニューを
書くようになった。

俺も一所懸命書かせていただいている。
そしてオーナーもそんな風に大事に思っていただいている。
今は月末にメニューの内容原稿がファックスで送られてきて
電話で打ち合わせして月頭に納品。
お互い多くの言葉を交わすわけでも、飲みいくわけでもない。
でももうニ年以上、信頼関係は続いている。

職人同士の理解や信頼だとしたらそれもまた嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。