季節の美術館、旬が扉をノックする

食という名の芸術鑑賞会。
久しぶりに「伊勢門」さんにおじゃま。
胃袋と同時に感性を刺激される。
美味な想像をひきつけるメニューは<目に言う>。

鮑、河豚、朝引きの地鶏。まさに<食財>。

蒸し鮑。食感というより<触歓>として残る。

松阪牛と天然のなめこ。自然のもつべき味を最大限に
活かす逸品はまさに志の膳と書き<志膳>。

厨房では<旨事人>(しごとにん)が物語を紡ぎます。

土鍋が運ばれ、何?鍋?ごはん?とおもいきや

蒸し牡蠣てんこ盛りっ!

う~ん、実はこのあと二軒はしごでそうとう飲んだため
二日酔いにつきこれ以上言葉遊びはできません。
<ふつつかな宵とでも言っておきましょうかね(爆)>

こころにも栄養はいりました。

まずはジムに行って汗搾り出し、手がけている作品の
仕上げに入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。