季節を刻む

Tシャツが長袖のシャツに変わり、ジャケットを
はおるようになった。あとひと月もすれば
コートが放せなくなくなるのだろう。

この仕事をするようになってからなのか
年齢を重ねてきたせいなのか季節の移ろいに
とても敏感になった。その時々の色とか空気とか
旬の食材とか街のトーンとかに感情が揺れる。
暑いとか涼しいとか寒いとか体感的なものではなく
感情的で情緒的なものだ。そうなったときから
四季の彩りが愛おしく思えるようになった。
そして日本人であることに誇りを感じる。
風土から文化や習慣が生まれ国民性が育まれて
きたんだ。この綿々と繋がってゆくリレー。

ちょっと季節を先取りだけど、あるお店の
年賀状の依頼を受け、描いている。

来年の干支は亥って知ってた?
季節を刻んでいこうと筆を執る。

“季節を刻む” への4件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    もう?!年賀状ですか~「^-^」;;やはり、手書きって心温かですよね「^0^」v♪おわんの挿絵が可愛いくてインパクト受けました。そのくせ文字は、キチンと納まっていて「^-^」・・・・あはは・・・もしも?!クリスマスカード?!だったらどんな風に描かれるのかしら?!・・・と想像してしまいました「苦笑」・・・あはは・・・高野様がクリスマスケーキ描いたらどんなだろうって「^0-」;; Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    おつかれさまです!
    季節を感じますねぇ。
    ジャケットをはおる瞬間がなんだかピシッとして好きです(*' Like

  3. SECRET: 0
    PASS:
    素敵な年賀状の数々ですね。
    こんな素敵な年賀状が届いたら・・・きっと受け取った人はHappyな一年になること間違いなしですね! Like

  4. SECRET: 0
    PASS:
    和モノだけじゃなくクリスマスとか洋モノをアレンジするのも楽しいものです。瞬間、瞬間に感じた季節を絵や言葉に描いてみるのもいいですよ。 Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。