孤高の赤

夜の新宿で飲み尽くしていたころ友人からメールが。
ついに傷だらけの侍が偉業を成し遂げたと。

広島カープ、前田智徳選手 祝 2000本安打。
改めて今朝方You Tubeで前田選手のインタビューを
見て泣いた。本気で感動して、感動の涙が落ちた。
インタビューの間も監督、コーチ、選手がベンチの前に立ち、
聞き入っている。そして2000本安打のインタビューなのに
自身の不調からふがいないチーム成績のことで涙を流す男。
本気の男の生き様と生かされてる感謝の気持ちを身に纏い
背番号1は照れくさそうこの夜をかみしめていた。

その夜俺は・・・。

これまでのレバ刺しのイメージを覆す逸品に舌鼓。
紹介がなければ見過ごしてしまいそうな小さな焼き鳥屋。

前田選手が球史に名を刻んだ同時刻、
俺の食の歴史に新たなる店が加わったのでした。

“孤高の赤” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    NALUちゃんカープファンでもないのに前田の2000本安打を広島までバスで観に行ったらしいよ。 Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    この目で生で焼き付けたいよね。でも、カープファンじゃない?まさにそれこそが侍スピリットじゃけんね。あの日2000本の可能性は閉ざされかかってた展開だったので奇跡に出会えたNALUちゃんに拍手!
    Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。