安否確認

今朝、実家と連絡取りながら叔母の安否を話し、
このブログからも名前を出して心当たりを尋ねようかと
キーボードを前にしたときに、無事が確認されたとの
一報が入りました。

地震直後の瓦礫と化した街をひとり彷徨っていたそうです。
80歳を越える老婆がひとりで、どれだけ怖かったことでしょう。
海側を離れ、宮古水産高校で近所の人に会い救出されました。
腕を怪我して宮古病院に運ばれたそうです。

ご心配おかけしました。
ありがとうございました。

ただ未だ安否確認ができない方もたくさんいらっしゃいます。
現地では連絡を取る術がなかなかないそうです。
(宮古病院からでもそうなのですから)
なのでどうか希望を持って無事を祈りましょう。

東京からでもできることがある。
美しい日本へのキザハシを昇ってゆこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。