小さなカケラ

書きながらその人生の一端に触れる。

今朝は古希の祝い、赤ちゃん誕生の祝い、退職の祝い、ペットが亡くなった想い出に。
作品のご依頼を受け、書かせていただいた。

一つとして同じものはないそれぞれの思い。

応えるのは二つとしてない書体と言葉。
ご注文をいただいてからゼロから創ります。

見えないけど、繋がる。

レジェンド級のプロ野球選手の記念作品も依頼を受け、描きました。

これは下書きデッサン状態。

ここから強烈に命が吹き込まれ迫力の書アートが出来た。

野球少年の未来へ繋がってゆきますよう。