居酒屋こうじ 漢気餃子

いつも感覚だよりで作っていたのですが、ステイホームの間に餃子を本格的に極めようと毎回分量を量り試作していました。

コンセプトはずっと変わらず、

「肉汁×パワーある味付け」

ですから「漢気餃子」。

パワーある味付け、それは塩分に頼るのではなく、複合的な深みある餡。

漢気とは自己満足のゴリ押しではなくて、思いやる深みのことです。

そんな風になりたくて餃子共に勉強させてもらってます。

ポチャポシャッとした餡。

今回もいくつか改善点が出来ましたが、最終段階といった感じです。

レシピは大体決まった。

自分が食べたいというよりも食べてもらいたい、丁寧にやるのはそのため。

居酒屋こうじ昨夜のメニュー。

モンペールのチーズと、吉祥寺ハモニカ横丁の漬物屋「清水屋」の大根のぬか漬けが美味い。そしてがめ煮、こういうの年齢とともに好きになってゆくね。

漢気餃子ももう少し、極めてゆきます。

みんなでビールと餃子、キメたいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)