居酒屋三原則「いい酒、いい人、いい肴」

タイトルはニッポン居酒屋紀行でおなじみ、太田和彦氏の言葉。
日本酒の造詣の深さ、独特の語り口。
好きだなぁ、太田さん。
居酒屋の「居」は居心地の「居」とも言ってます。
ベタだなぁ、太田さん。
本業はグラフィックデザイナーなのに。

昨夜はまさにそんな「いい酒、いい人、いい肴」の
居心地のいい居酒屋の夜。

新宿にある鯨料理の店「樽一」。
鯨料理も美味しいけど三陸沖の鮮魚もいい。

日本中旅しても居酒屋にその街の縮図がある。
旅に出れば観光地は行かないけど必ず居酒屋には立ち寄る。

こういう店を知っておくのは大人の教科書には必要な項目。
正統派居酒屋には日本酒。

ここにしかない浦霞。
心情を移す清酒。

うん、いい。
居酒屋は楽しい。

自分の年齢を忘れ、日々の疲れを忘れ。
帰り道の記憶も忘れ。

こんな店がある日本が大好き。

こんな楽しく飲める仲間が大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。