山手通り、夜の散歩をしないかね

昨夜はNPO法人日本マイノリティ協会の理事として
宴席にお邪魔させていただきました。

荻窪「たいが」

やはり上カルビ最強説に間違いなし。

俺ごときが饒舌に偉そうに生き方を説いてしまいました。

いつもならタクシーでピュッと帰るとこだけど、
そんな自戒も込めて、夜の山手通りを歩いてみた。

さぁニュー携帯カメラよ、心の向くままに撮りたもうれ。

テーマを「光」と定め、想像の夜を浮遊。

タイトル「惰眠する無機質な怪物」

タイトル「囚われた鋼鉄の馬の眠り」

タイトル「空虚なる衆人監視の目」

夜の東京は面白い。

辛くとも泣き言なく面白く生きよう。
「楽しく」ではなく「面白く」だ。

感性は年中無休で

です。

これだけ宴席が続くとウェイトが気になるところ。
今朝、ジムで量ったらここ二年間で一番落ちてた。

瞬間体重では今年の二月時より6kg減。

虫でもいるのか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。