彩り、豊さは一日にしてならず


今日の朝日新聞のコラムに「真の教養とは好きなことをやっていたら自然に身についてしまった力」とあった。効率性ばかり求める意味に問いかけている。

詰め込まれたもの、付け焼き刃で覚えたもの、「すぐできる○○」や「効率のいい○○勉強法」ばかりでなく、好きになって、深さを知りながら楽しんでいるもののほうが人間の豊さになるよね。

写真は今年のいつだったか静岡のほうに行ったときに撮ったもの。
俺もいろんなものを愛しながら、時間をかけて自分自身をつくり上げていくよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。