微笑みに満ちあふれる時間をかの国に

3月初旬に作陶したものがついに窯元から送られてきた。

重厚な小鉢と威風堂々な長皿。
手前味噌ではあるけど既製品にない、息づかい。
さっそく盛りつけてやろう。

バタバタと忙しかったので休息の場、
久しぶりの「居酒屋こうじ」開店。

今回の「居酒屋こうじ」はタイ料理です。
つまり「ทำไม รถติด อย่างนี้」ですね。
わからないだろうと調べを手抜きした。
「ทำไม รถติด อย่างนี้」とは
「どうして、渋滞してるの?」って意味でした。

とにかく世界で一番好きなジャンルは
タイ料理かもってくらい好きです。

鶏肉のバジル炒め。シンハーで乾杯。

牛肉(自家製ローストビーフ)のサラダ。
パクチーバンバン入ります。

タイ風さつま揚げ。
レッドカレーの風味とスパイスがたまらん、ビール!ビールッ!

トムヤムクン。
アロイッ!!

タイ風肉味噌飯。

日本のタイ料理屋の多くがパンチが弱く、少量で高い。
クラシアンシン「居酒屋こうじ」。
料理長にボラれないかぎりな(笑)

蒸し暑いプーケットとバンコクの日々がよみがえる。
そして朝のホテルで投げかけられた少女の微笑みも。

内戦状態、銃撃戦、都市部の封鎖、政情不安。
微笑みの国の一日も早い沈静化と平和的解決を願う。

“微笑みに満ちあふれる時間をかの国に” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    食欲をそそる色合い、ボリュームたっぷりのタイ料理!!
    「居酒屋こうじ」ではステキなお仲間と色んな国へ行けるんですね^^
    私もタイへは何度か行ったことがありますが、
    何があっても「マイペンライ(大丈夫)」が口癖のタイの人たちから
    あのゆったりした笑顔が消えないように祈っています。
    Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    バンコクでトゥクトゥクでさらわれそうになったり、這うほどの嘔吐もあったけど最高の場所のひとつ。そして最高の料理のひとつ。人もとていい。
    そんな楽園に連れて行ってくれる「居酒屋こうじ」も素晴らしいとこです。
    冷酒の美味しい季節になってきました、
    今度は料理長渾身の和食にでも挑戦してみようと思います。
    Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。