心が描く

昨夜報道ステーションに大野勝彦さんという熊本在住の詩画家さんの特集を観た。

ずっと農業をやられていて45歳のときに機械に腕を飲まれ両腕を切断、
そこから義手で詩や絵を描くようになった方。
いいお顔をされていてね、それが作品となって表れていた。
筆のタッチも芯がありながら軽やかで生き生きとしていた。
悲壮じゃなくて寛恕。
今朝の東京は雨。
花は散るだろう、
しかしこの雨で静かに作品制作にあたっている。
モーツァルトを聴きながら。
天気や環境でああだのこうだの、
まだまだ自分は甘い。

“心が描く” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。