心の奥にしまい忘れた大切な箱 開く時は今

自宅に戻ってきました。
トキオも暑い!

昨日の昼間はひとりで海で遊んで。

温泉に入り、着替えて、ローカルバスに乗って。
単線のワンマン電車やローカルバス、大好きです。
テレ東さん、私やりますぜ。
この日もバスの運転手さん、お客さんと仲良く会話してました。
俺が降りるバス停すっとばして
ひとつ先で降ろされたのはご愛嬌。

汗をかきかき、さらに山道を登ってゆくと。

海を見下ろすホテル。

大好きな姉貴分に逢いにきたのだ。

奄美大島出身の快活な彼女、
青空がこれほどまでに似合う人はいない。

豪放磊落、雲心月性、天衣無縫、無欲恬淡、…
いろんなイメージを分け与えてくれる人。
女手一つで4人の子供たちを育て上げた。
子供たち(成人しているんだけど)にも久しぶりに再会。
娘たちはキュートで優しく、穏やかで
息子もキリッとして、礼儀ただしく、とてもカッコイイ。

風のように美しい生き方。

やさしさに包まれたなら きっと
目にうつる全てのことは メッセージ

Yねぇちゃん、感動の時間をありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。