心の振幅に対して今、どんな答えを見つけるのか

頭の中でめまぐるしく、瞬間を切りとるように
カシャカシャとシャッター音を立てる。

その音はときに未練や焦燥やしみったれた感情を連れてくる。

いいリズムであるほどに頭か心かわからないけど、
悲しみの色をもうひとりの俺が描こうと抗いながらも
筆を進めやがる。

世界の色なんか忘れちまった。
ぶちまけられた腐った色で描きたくない。

朝からすべての窓を開け放ち、空気を入れ替えたら
黙々と書き続ける。
iTunesからコステロが森山がチバがジョーがボブが
チャボがティムが叫んでいる。(ペットの名前じゃないぞ)

作品を書き、ロンパースやTシャツを制作し、
依頼されていたロゴを何案か創る。
俺の色で、筆で、描く。純粋にひたむきになれる時間。

午後は近所のカフェで11月の学園祭の打ち合わせ。
千葉県から大学生が6人もスーツを着ておこしになった。
ステージで大書を披露することとなった。
楽しみだ。

夜は安らぎのひととき。
一日の疲れがほどけゆく。

利尻のウニは濃厚で甘くて滑らかで、どうしようか。

向かいのカウンターから「ジャリ、ジョリ」と音がすれば

鱧。
そっと、夏が運ばれてきた。

今日の東京は雨の予報。
三線の唄を聴きながら南国気分でやるとしようかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。