忍耐から生まれゆく闘争心の果て

プロのボクサーはつくづく過酷な職業だと思う。
しかしストイックさとプライドが鋭利に輝く。

昨年の忘年会で意気投合したボクサーとあれ以来の再会。
会長をはさんで作品を贈っておいた。

試合を控え、大減量中。
炭水化物はもう2ヶ月食べておらず、ここ一週間は
ほとんど食べず、水分もうがい程度。その上ハンパない
練習量。ものすごい体に仕上がっていた。
「これだけキツイ思いしてますからね、あっという間に
マットに沈めてみせますよ」
闘争心もギラギラ。試合も楽しみだ。

先日取材を受けた健康をテーマした雑誌が
送られてきました。

いい酒もいい料理も素晴らしい出会いも仕事も
健康あってもの。
そして己に負けぬ闘争心。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。