情熱があぶり出す詭弁の傍観者、雄弁な挑戦者。

昨夜、出先から携帯で我がカープ軍の試合をチェック、敗北を知る。
この一敗で今シーズンとブラウン政権の終焉を告げる。

141試合目にしてCSの夢は散り、
今年もまたBクラスに沈んだ。

ハートの弱い万年エース候補、ノーアウトで四球を出す抑え、
終盤の大事な時期に五連敗の戦犯になった主軸、
ここ一番でエラーを多発する内野手、
外角一辺倒で配球バレバレのリード、
そして不可解極まりない采配をする監督
(これでもう来季の契約ないけど)…

愛と怒りは表裏一体だね。

でも闘いが去ってみれば、これが実力と悟る。

そしてまた優勝目指して来季も応援するだろう。
大スターがいなくても、資金力がなくたって
泥臭く、一丸となってひたむきにチームのために
闘うこの集団の姿勢が大好きだから。
選手の懸命さを知らないわけじゃない。

そしてここにも一生懸命な人たちがいる。
昨日は新宿救護センター、365日オープンに向けての
決断(結団)式に出席、ボランティアスタッフの人たちと話す。

派手ではないけど真摯でひたむきな想いを感じる。
行動力を持った素晴らしい人たちだ。

日々いろいろな人と会う、いろいろなタイプと話す。
もっともらしく話したってわかってしまう。
功名心が名刺ケースから漏れていたり、
虚栄心が対話の中で顔を覗かせたりするのを。

そんなんじゃない、この場にある真摯な思いと行動こそ
どんなスピーチや美辞麗句より雄弁であると。

そう、決断の戦場に甲冑を纏い集いてこそ、団結の盃が交わされる。

今日の一筆。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。