想いが広がる

この仕事をしていて一番嬉しいのは人に喜んで
もらったり、感動してくれたりすることだ。
もう、感動のために生きてるって言ってもいいくらいだ。

以前結婚式で両親に作品を贈りたいっていう依頼があった。
ちょっと大き目の額にいい感じで書き上げた。
そしたら先日その作品をもらった父親から退職する友人に
書いてほしいという依頼がきた。
会ったこともない人が作品で繋がってゆくご縁、ひとつひとつ
心を込めて描くっていう基本を教えてもらっている。

毎回毎回こちらもドキドキしながらその向こうにある
笑顔を思って筆を握っている。

毎月書いている和食店のメニューの表紙短冊。
桜はもうちょっと先だけど春はもうすぐそこだ。

“想いが広がる” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    自分の大切な友人に今年、待望の子供が生まれます。
    そのときには、作品をお願いしたいと考えています。
    以前、うちのリビング用にお願いしたような、家族の名前の漢字を入れてた形もいいかな・・・とか想像を膨らましています。
    自分も誰かにつながっていく縁を願って・・・
    そのときはよろしくお願いしますね。
    SAKURAってなんとも表現が難しい日本の美しさってもんがありますよね。
    咲く美しさ、散ってゆく美しさ・・・凄く好きです。
    こうじさんの今回の作品も味があって非常にいいですね。
    Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    たくさんの方のご縁が筆を握らせてくれています。
    本当に感謝しています。
    桜ほど「美しい」という形容詞が似合うものはないでしょうね。
    「美しさ」と「はかなさ」はどこか近いものがあります。 Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。