感じた先に小さな暖かさを見つけるテーブル

まがい物があふれている。
誇りの欠片もない物(者)が氾濫している。

思いつきじゃない、プロの矜持と本物に触れていたい。

マイカメラCX4を携えて昨夜「せお」へ。

器、盛り付け、照明、間。すべてが美しい。
世界は違うけど表現という舞台において大変勉強になる。

年末から食材が一変、もう春が来ている。

接写に強いCX4はこういう料理写真にいい仕事してくれます。

日本酒とシャンパンは大好きだけどちょっとこだわりがあって
人と場所と料理が特別な時にだけ飲むようにしている。

匠がある。

心がある。

話して、触れて、感じて、考える。
表現者として次のステージに行くときだ。
言葉にするのは易しいことではないが
明確なイメージがある。

速やかならんを欲すればすなわち達せず、
小利を見ればすなわち大事成らず。

そうなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。