感じる、小さくても偉大な生命の讃歌

古くからの付き合いのあるソウルメイトの
娘たちと初めての対面。

1歳9ヶ月と生後2ヶ月。
もうすでにしぐさや表情が女の子している。本能なんだね。

ここには書けないようなやんちゃをしてきた仲間たちが
こうして日曜の昼下がりに愛娘を抱いている姿を
見ることができるなんてなんだか感慨ひとしおですな。

娘たちが寝ても、飲みつづける大きな子供たち。
気がつきゃ22時。

それぞれに責任と覚悟を背負ってまた一週間が始まる。

どの命もまた素晴らしい。

皆さんも素晴らしい一日を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。