感性のインプロビゼーション

先日のアート書道ワークショップにてイラストレーターの方が参加された。

その中で、動物を描かれているということだったので筆で何かイメージする動物のイラストをお互いに見えないように描いて対決(?)してみましょうというコーナーを即興で。

2分間で描き上げ披露。

そしてその絵が何とお互い、龍っ!

その方は「動物描きますって言って、象やライオンではなく(架空の)龍ですみません」と言おうと思いながらも描いたようで、それがはまってビックリ。

それもその方が描いたのは降り龍で、自分が描いたのが昇り龍。

こういう不思議なイメージのシンクロもライブの面白さ。

感性のインプロビゼーション。

台本(ホントは守らなくちゃね)にはない、瞬間の閃き合いがライブ。

これは我が家のトイレの昇り龍。

また描こうかな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)