感謝をしながら種を蒔き、時を迎える

誕生日会。

馬鹿さわぎじゃない、感謝の会。

「せお」が紡ぐ春の膳。

奇をてらわぬ、心のこもった本物の美味しさ。

静かで優しい時。

人との繋がりが嬉しく。

弱音を吐くこともあるけれど。

人に支えられているからがんばれて。

素晴らしい仲間とともに。

自分の誕生日でもないのにさ、

なんか涙がでちゃった。

一年に一回の「おめでとう」は
364日の「ありがとう」の積み重ね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。