我らの情熱、太陽の熱さに負けず劣らず

早くも夏バテを感じている、今年も暑さの苦手なワタシです。

仲間とのビールが癒しです。
魚と言えば、漁師料理屋「緋色の海」。

芸術的なオイスター。

アメリカ人の友人もこんなの見たいこと無いと言ってました。

さまざまな世界の仲間が本気ではっている。

国籍も、年齢も、性別も、宗教も、格差も、
思想も、人間の濾紙にかけて残る純度。

そこだ。

歌舞伎町というカオスの街らしいボーダーレスのキャスティング。

本当に素朴で心優しい友人です。
来年の年賀状の参考になりました(笑)

体調も心も漢方酒で元気増強。

日々もらっている優しさや
一途な人間の心がなによりもありがたい。

見えるものばかりでなく、
見えるものにごまかされることなく、
見の目よりも、観の目を強く。

ハワイ大教授のデイヴィッドも一年間の日本での
犯罪学の研究を終えて夏にはハワイに戻る。

世界は、宇宙は、もっと現世も来世も
繋がっていると俺は信じている。

だから一生懸命に本気で与えられたことに勤しみ
ウソ偽りなく人と付き合い
感謝と愛を忘れずに生きたいと思うのです。

“我らの情熱、太陽の熱さに負けず劣らず” への1件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    《ウソ偽りなく人と付き合い
    感謝と愛を忘れずに生きたいと思うのです。》
    ありがとうございます。
    涙が止まりませんでした。
    偽りなく、生きたい。 Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。