我逢人 書道

好きな言葉なのでよく書きます。

このブログでも何度かあげていると思います。

まずは「人と逢う」こと。

出逢わなければ始まらない。

書や絵の原点も、人と逢うこと。

やはり出逢いに遅いも早いもなく、まさに「そこ」なんだ。

だから「そこ」を感じられるように普段の行動、想い、が大切なのだ。

見えないから、わからないから、この今が大切なのだ。

明日逢うかもしれない。

 

そして別れとて同じく、そこなのかも知れない。

我別人、

そんな言葉はないけど、

別れから気付かされてきたこともたくさんある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)