挑戦 筆文字

ワークショップに参加される人の中には書道筆ではなく、画筆で書かれる場合がある。

アート書道の自由さ、発想の柔軟さを養うので画筆でもOK。

ならばこちらも画筆で書いてみよう。

試してみた。

同じ筆です、斜軸尖頭器で書くわけじゃなし(昨日、旧石器捏造事件のドキュメンタリーを見た影響)。

毛先が硬く、いい掠れも出ますね。

STAP細胞に書くわけじゃなし(捏造方面に引っ張られてます)。

まずはやってみる。

評価するのは日本のベートーベンと言われたサムラゴウ…、もういいですね。

こちらは偽りございません。

「挑戦」の字も画筆で。

知るのとやるのは違うもの。

挑戦を楽しんで、書道に触れてみてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)