挑戦という名の旅路

いよいよサムライブルーの冒険が始まる・・・って
長々とブログを書いたんだけど途中、PCがフリーズ
していまい、全部消えてしまった。俺は完敗だ。

まぁいろいろ言うよりもここはシンプルに。
(↑もう思い出して書くのも嫌になってる様子)
サッカーじゃないけど最近描いた作品をサムライたちへ。

中国の諺に「道は近くとも行かなければ到達せず、
事は小さくても行わなければ成就しない」とある。
とにかく走って走って走りまくれ。

<ワールドカップ 今日の一閃>
「オーストラリアVS日本」
「アメリカVSチェコ」も好カードだが、今日はやっぱり日本でしょう。過去最強の日本代表だけど何かしっくりきてないのは俺の気のせい?。プロらしさはあるけど一体感がないというか。まぁ杞憂で終わればいいけど。日本の良さは選手の言うところでもある「agility(俊敏性)」と「mobility(流動性)」。走って、動いて、ボールと人を動かしてゆく。特にオーストラリアのようなフィジカルと高さの強いチームには有効だ。とにかく心をひとつにして冒険してほしいね。ちなみにブラジルが「カナリア軍団」とか日本が「サムライブルー」とか愛称があるようにオーストラリアは「サッカールー(ズ)」と呼ばれている。「サッカー」と「カンガルー」をミックスしたもの。ヒネリねぇなぁ(笑)。オージー人は造語とか短縮語とか造るのが好きらしい。昔、つるんでたオーストラリア人の友人も変な英語をいっぱい使ってた。全部シモでまったく使えない単語ばかりだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。