掛け値なし、人間稼業はいいもんだ

昨夜は新宿救護センターの玄さん、スタッフや
ファミリーといつもの歌舞伎町地下琉球アジト
「まねき屋」で感謝の一献(一魂)。
てびち、ゴーヤチャンプルー、ミミガー、島豆腐…
沖縄料理は優しくてうまい。最近本当にハマってるなぁ。

で、今回ちょいと持ち込んだペンギンさんのラー油が
さらに料理をfuckin greatにさせてくれた。

かわらずに玄さんは熱く、深い。
救護センターは存続目的でやっている訳てはないと
(弱者救済の為に絶対にあり続けなければいけないけど)。
存続の為にいると欲や執着が出る、それよりも一日一生、
その瞬間に心血を注ぐ。
クラゲに成り行く世代の中で本当に尊敬すべきアニキ。

そして魂の男、もうひとり。弾き叫び集団「カラス」、
いい感じでリハは進んでいる。
和気さんと歌うのは魂の共鳴。
たくさんの上手なヴォーカリスト、テクニックのある
ミュージシャンとは一緒にやってきたけど魂や生き様で
表現するアーティストはそうそういない。
パソコンで音楽を作るんじゃなく、叫びや痛みを創る。
楽しいだけの音楽やロックや表現など俺にはまったく面白くない。
生き様を体現化する「カラス」、3月17日クラブドクターにて
初ライブ、ご期待を。久しぶりに歌い叫ぶことに
グラグラたぎってます。

かっこだけじゃない男たちの覚悟の中で
響きあえる瞬間をこの心に刻んでいきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。