描きかけスケッチブック

実家に戻り、深夜3時に目を覚ます。

数時間の浅い眠りだが無理に眠る必要はない。

かつて父が絵を描くのに使っていたデスクで作品制作。タブレットに歌詞も一本書いた。

夜明けはまだ遠く、夜は深い。

心地よい孤独が創造の闇に誘う。

まぁ、出来れば眠りたいけど、眠れない夜、手招きして誘い水を撒くって感じだから。

デスクにはボーペンとサインペン、あとは父のスケッチブック。

ヒマだったし、セルフポートレート、落書き。

まだ昼前だけど、このペンにノスタルジーを感じる人と一杯やりたい(´∀`)

オヤジ、描きかけのスケッチブック、余白は俺が埋めるよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)