描くということはこころの色をなぞってゆくこと

書とはなにか…
絵とはなにか…
写真とはなにか…

やってもやってもわからない。

「それがわかったらすぱっと筆を置きますよ」
なんて言ったらかっこいいんだろうけど
わかったらそれでもっともっとおもしろくなって
やってゆくんだろうな。

表現は俺のすべてって言っても過言じゃないから。

絵に関しては日々葛藤、
写真だってイメージとのギャップが生まれる。

それでも、
書きたいんだ!
描きたいんだ!
撮りたいんだ!
歌いたいんだ!
叫びたいんだ!
伝えたいんだ!

そしてつながりたいんだ。

っていう気持ちには正直でありたい。

その意味なんかわからなくてもいい。
ただこの先、もっともっとうまくなっても
この気持ちが枯れたら筆を置くだろうね。

昨日、栗原選手に贈った言葉
「心 氣 体」
プロである以上、ある程度の水準の技術はある。
その「技」に囚われすぎず、「技」を「氣」が凌駕するとき
感動とかパワーとかが生まれてくる。

友を待つ間、
料理はスタンバイ。

写真を撮って、黄金を流し込んで
静かに思うひととき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。