救うのではなくともに生きることから

昨夜は理事をさせていただいているNPO法人
日本ソーシャルマイノリティー協会の代表理事と
新宿救護センター所長の玄さん、センターのスタッフ
の皆さんと第33回慰労会。

代々木広島焼き「お多福」。
マスターは代々木の永ちゃん、俺もリーゼントで向かいました。

カウンターにずらりと並び、マスターの話に爆笑し、
言葉と想いは焼き上がってゆく。
30代から70歳近くの女性まで。
それぞれに人生の修羅場をくぐってきただけに
本当の暖かさを兼ね備えている。

自ら選んだわけではない、不条理と対峙してきた強さと覚悟。

ここにある「救護」とは「共生」。
誰にでも生きる権利がある。
だから本気で生きる。

シンプルで簡潔なのに意味深い、
素晴らしい夜。

お好み焼き、めちゃくちゃビールが進む。

「こい狂」なるメニューをいただいた。

この夜、我がカープ軍も4連敗から脱出。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。