断りもなく魔女は一撃をくらわせに

例によって太陽がてっぺんに昇りきるまでに
集中してやりたいので日の出過ぎから
がさごそと創作モード。そこに突然、魔女が
現れ俺の腰を一撃。激痛とともにその場に
崩れ落ちる俺。
「急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)」いわゆる
ぎっくり腰(西洋では魔女の一撃)が発症。
もう二十年以上腰痛とはいいお付き合いを
させてもらっていますが、こんなにへそ曲がりな
ダダをこねたのは初めて。
ちょっと左から右にものを受け流しただけなのに
(そういえばそんなの歌ってた人元気でしょうか)
するどい激痛が走り、動くこともできず、悲鳴を
あげながら這うようにしてベッドへ。

腰部をアイシングして安静にすること3時間、
だいぶ暴れは収まってきた。

今週はやるべきことも、また予定も詰まっている。

ちくしょう、魔女よ。
今日の夕方までは静かに堪えといてやる。
しかしその後は画材選びや会食の約束があるんだ。

しかし突然に襲ってくるものですね、お気をつけあれ。

先週末、歌舞伎町の俺のアジトの店の入り口の
照明看板を書き換えました。

気取らない、飾らない、必要以上に儲けない。
島人らしい温かい店「沖縄料理 まねき屋」です。

俺も週に一回以上出没中。

ぎっくり腰でない元気なみなさんは是非一度。

昨日は昨日で友人の俳優高杉瑞穂くんの写真展に
顔出そうと青山まで行ったら、最終日だったので早く
終わっていて間に合わなかった。
瑞穂、ごめんな。

うっかりでぎっくりな俺です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。