新しい朝は舞い散る桜の中に


いつも空を見上げてきた。

だから足元で起きることに躓いてばかりだ。

それでも空を感じていたいよ。

ここに来たのは窓から見える大きな東京の空に惚れたから。
近所には「富士見」なんて名前のつく駅が
あるくらいだからきっと富士山も見えるだろう。

高価な筆や硯よりも、心で書くためには必要なもの。

これからも情緒の中で描きます。

どうぞこれからもよろしく。

しかし引越し屋ってすごい。
無駄のない動き、丁寧な仕事、
プロフェッショナルってものを勉強させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。