日常を抜け出す時間の輪郭

友人の誕生日、久しぶりにレストランへ。

「LAWRY’S PRIME RIB東京」
10年くらい前、外国かぶれか一級のホスピタリティの
こんなセレブなレストランに給料の大半を使っていた。
メートルディ、ヘッドウェイター、下げ物をする係
(名前を忘れてしまった)など、当時こんな雰囲気の店で
働いていたので郷愁と感傷に浸りながらシャンパン
をひとくち。目の前で切り出されるメインのプライムリブ。


なんか懐かしいなぁ。テンションあがりますね。

時間というのはうねりとなって大河へと注がれる。
あの頃と今の自分にどんな相違があるのか、
そしてどれだけの成長がみられたのかな。

あきらかにこの10年というわずかな時間に築いたものは
計り知れない。まず生き方が大きく変わった。
価値観も倫理観も道徳観も世界観も女性の好みも
確実に変化を遂げた時間だった。

すべてが必要なことで、結果はどうであれ経験が
たくさんのことを教えてくれた。

こうしてたまに日常を飛び出してみるとこれまでの点が
繋がってゆくことを知るのですね。

こんな名言があります。
まさにこの道を選ぶようになって感じる言葉です。

「未来がどうなるか、あれこれと詮索するのをやめよ。
そして、時がもたらすものが何であれ、贈り物として受けよ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。