明日がわからない僕等を照らす光は何処

イブの昨日、色気もなくジムでトレーニングを
終えた夕方。休憩室で本を読んでいたところに
テレビから飯島愛さんの訃報が飛び込んできた。

彼女とはかなり前に番組の収録で一緒だったことがある。
ミリオンセラーをとばし、とても多忙だったころ。
それでもスタッフからはほんとうに気づかいができて
優しくて努力家だといい話ばかり耳に入ってきた。
友人が彼女と親しくて、友人が風邪を引いたといえば
スケジュールの合間に両手に抱えきれないほどの
スーパーの袋をもって駆けつけるような温かい人柄。

原因はまださだかではないが享年36歳。
確かに若い。
これは一般論としてだけど俺も近い世代として
苦悩の質が大きく変化する年代でもある。
健康、人生、仕事、恋愛、家族、収入。
それまで無関心だったり、当たり前だったりしたものが
とてつもなくリアルに感じる瞬間がある。
瞬間が時間になり、日常を侵食することで
均衡を崩してゆく。
あきらめることも慣れることもできない年齢。

とても繊細な方だったと思う。
彼女が描いた明日はどこだったのだろうか。
今はただご冥福を祈ります。

苦しいことも、へこむこともまだまだたくさんあるだろう。
痛みを飲み込んで瞬間を光に向かって。

愛に溢れる世界へ。

           

               「モヒ猿」も観ていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。