時間の経て自然が創ったもの、それで人が作るもの

昨日は歌舞伎町地下琉球アジトに向かう前に
新宿救護センターに顔を出した。

先日までの八丈島旅はこちらのスタッフとして
尽力された、とみさんの一周忌を控えたお墓参りでした。

所長の玄さん、日本ソーシャルマイノリティ協会の代表理事、
センター設立のころからボランティアとして携わってきた
とみさんの盟友お二方の総勢5名で行ってきました。
とみさんのご友人の方もこのブログを覗いてくれているようで
嬉しいかぎりです。とみさんにふさわしい花と緑に囲まれて
静かでのんびりとした島でした。
ここに改めて記させていただきますね。

現地でもご親戚の方に大変にお世話になり、素晴らしい時間でした。
いただいた明日葉とアロエをさっそくアジトにて調理。

表現とは感謝。
さまざまな恩恵を受けて、生涯創り手として。

創作三昧しています。

子供服のデザインで龍を描いてほしいと依頼されました。
花より龍のほうが得意ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。