暖まる、己の心の芯の部分が

焼き鳥は日本の誇るべきソウルフード。
無性に欲しい昨夜、「今井屋」へ。

かつて焼き鳥屋を親友とやっていたことがあった。
串打ちの大変さもよくわかってる。
食べるのは一瞬だもんね。
だからその余韻まで味わいたい。
俺の苦手な機械にゃできない焼き加減、塩梅。
これぞ焼き鳥の奥深さ。

俺らの店の自慢は薩摩軍鶏だった。
こちらは比内鶏。

比内地鶏の塩焼き。皮のパリパリ、肉の弾力、甘味、これぞ地鶏。
これ一枚で3000円と牛に真っ向勝負のプライス。
我が店の軍鶏は一番高いものでも軍鶏のたたきで
800円でしたからこれまた商売の奥深さを感じます。

クライマックスはきりたんぽ鍋。

以前に雑誌の仕事でグルメレポートをしたとき
(ここでは書けないのも含めいろんな仕事をしてきました)
地鶏特集で都内の店を食べ歩きましたが、
某有名な秋田郷土料理屋を凌ぐうまさでした。

毎日、よく飲みます。師走ですから。
ありがたきことです。
仕事の付き合いや上司の説教酒でも
部下へのカラミ酒でもない、
酌み交わすのは愛する人ばかりだから。

そして朝にはジムでリフレッシュして筆を握る。

ただ太らないようにしないとな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。