曇天の桜

昨日、母の転院があった。

今月始めに救急搬送され、即入院、翌週に手術。

精神状態もおかしくなっていると聞く中、コロナによる面会禁止。

転院は医師とも相談し、自分の車に母を乗せて移動することにした。

約一ヶ月振りに会えた。

病院から病院まで15分、

たくさん話を聞いて、たくさん励ました。

嬉しかった。

会話が噛み合わなくなることもあるけどそれでも側にいることが嬉しかった。

思うにならないからよけいに。

しかし俺の感情なんかより、母が頑張れるかどうか。そこに尽力したい。

今回、四人のドクター、多くの看護師さんと話し、病室に入れない分、俯瞰で医療現場を見てきた。

大変な世界だ。

冷静で、気持ちに寄り添い、自立を促し、スピードを求められ、失敗の許されない現場。

本当に感謝しかないです。

生きる、生かすを日々考えさせられている。

実家に泊まり、今朝は4時に起き読者。夜が明けて走る。

咲くも、散るも。

「普通」は「当たり前」じゃない。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)