書いて書いて書きまくれ、それが処方箋だから

熱中症だか累積疲労だか知らないが、体調が最悪だった。
目眩、動悸、呼吸苦の二日間。
汗かきでもないのに夜になっても滝のように汗が吹きだす。

いろいろと改善は見えてきた兆しを掴んで書きまくった。

ダルさもあったけどちょっと自分自身怠慢な感じに
なっていたこともヒドく嫌でそれも一因だと思う。

昨日は10時間書いて書いて書きまくった。
やはりこれこそ「正行」なのだ。
疲れを感じるヒマなく、ただただ紙に対峙する。

己の中の弱さや慢心を燃やし尽くせ。

復活じゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。