書くということは書けないものを書くこと

今号の「玄ナビ」で書いた一文字感字。

書くことを生き様にしているのに初めて書きました。
本文の中にも記したけど、「<書>という字は画数が多い、
それだけいろいろな過程を大切にせよ」ということなんだと。

つまりは心が出てしまうもの。
タイトルにあるように、書けない部分が書くことには大きい。
それはつまりは心の機微や振れ方とかそういうもの。

書けば書くほどにそれを痛感します。

今週はずっと籠って作品制作、原稿書き。

週末は息抜きしてちょっといい景色でも見にいきたい。
いろいろ食事制限時なので情緒で腹一杯になればいい。
それもやっぱり書くためのエネルギー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。