“月に手をのばせ”っていうのが俺の信条なんだ。

音楽は可能性の表現だ。
たくさんのアーティストにその創造性を見いだした。

その中で唯一、attitudeを教えてくれたミュージシャンがいた。

表現はattitudeの中で育まれた。

16歳の時、テレキャスターを持ったときの源流は
創作書家の中にも流れている。

主張なきものは表現にあらず、ただの流行なり。

明日が彼の命日。
Joe Strummer

子供の頃にテレビやアニメをあまり観なかった俺の中では
彼は永遠のアイドルであり、褪せることないヒーローアイコンなんだ。

        「モヒ猿」は前回同様、東京をテーマに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。