朝の鑑賞会

雨音響く夜明け。

ポンタも朝から鑑賞会の模様です。

「ふむ、払暁に昇りゆく冀望の陽射を、アバンギャルドなフォービズムと、メゾチントを用いたマチエールでダダイズムの再興を予感させるドローイングだな」

ただただお気に入りのおもちゃとお戯れになりたいだけでした。

なんかこのポンタのポジショニングが芸術的だな。

 

静かに、ゆっくり、その先に向かって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)